www.yone-chin.com     釣りに行こうよ メールを送る サイトマップ 
2017年フライフィッシング釣行記
最新のフライフィッシング釣行記 過去のフライフィッシング釣行記 お気に入りの川 ベストの中身 フライ・タックル ギャラリー コレクション ジョーク プライベート リンク集  
2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年  
2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年   2019年  
釣りに行こうよ。   2017年 8月 フライフィッシング釣行記  です。
 
1月      2月      3月      4月      5月      6月      7月      8月      9月      10月      11月      12月
July  7月  2017 August  8月  2017
  2016年 8月 4日(金)    横河川 釣行記
   天竜川水系  横河川(よこかわがわ)  長野県岡谷市(おかやし)
今季初の遠征釣行です。
単独による日帰りで長野方面です。
遠征先は天竜川水系です。

自宅発(03:40)−精進湖(04:23)−コンビニ(04:44-04:55)−甲府南IC(04:58)−岡谷IC(56:46)−現地着(05:55)

行程は2時間15分、だぁーれも居ない現地、ウキウキ気分で朝食、そして準備です。

準備を済ませて、いざ出発。 拡大写真

ここまで乗せてきてくれた愛車にお別れ。
入渓地点までおよそ15分、林道を歩いていく必要があります。
拡大写真
6時半入渓、ここから釣り上がっていきます。 拡大写真
釣り上がって、15分ほど経ったころの横河川の流れ。 拡大写真
7時20分、釣り上がって50分ほどが経過。
期待のポイントまで来ましたが釣果はまだ。
拡大写真

こちらの河川の水量は静岡と違って申し分ありません。
いい雰囲気の渓相です。
谷にはまだ陽が射しこんでいないので、うす暗く、とてもいい雰囲気です。
拡大写真
7時25分、「バシャッ!」。
きちゃいました。
待ちに待ったその瞬間が・・・。
竿がしなります、嬉しいことに1尾目から大物のあまごくんです。
拡大写真

動画で見てみよう。 動画
ちょうど20cmのあまごくんは、こんな狭い流れのなかに居ました。 拡大写真
上空は見事な青空、モチベーションも高まります。 拡大写真
いいねぇー、こんな感じのお天気。 拡大写真
釣り上がって1時間20分、一つ目の堰堤に到着。 拡大写真
崖をよじ登って堰堤を左にまきます。
あと何年、この崖を登れるかなぁー、ちょっと体力的に心配に・・・。
拡大写真
時刻は8時、堰堤の上流はこんな感じです。
以前より流れが大きく変わっているようです。
拡大写真
あまり期待の出来ないこの辺りは、ちょっと遡行を早めに進めます。 拡大写真

このあたりから期待が出来そうなポイントが始まります。 拡大写真
8時半、釣り上がって2時間が経過しようとしています。
先に棚小場橋が見えてきました。
あの橋の下も期待できるポイントのひとつ。
拡大写真
期待の橋の下はダメでした。
しかし、くぐり抜けたら2尾目のあまごくんです。
拡大写真
1尾目がいいサイズだったので2尾目は小さく見えます。
2尾目がいた流れ。 拡大写真
そして8時45分、3尾です。 拡大写真

動画
3尾目がでた流れ。 拡大写真
3尾目から10分、これまた立派な4尾目。 拡大写真
4尾目はここから。 拡大写真
9時25分、5尾目もあまごくん。 拡大写真
5尾目は、一面が木の葉色で染まった流れからでした。 拡大写真
9時35分、ここではデカイのがフライを追ってきました。
何度かフライを流してみましたが、残念ながらそれ以降相手にしてくれません。
拡大写真
渓に陽が射しこんでキラキラ眩しい美しさだ。 拡大写真

10時をまわって大きめの魚影が確認できます。 拡大写真
10時半をまわって6尾目も大きい。 拡大写真
6尾目のあまごくんに敬意を表しながらそっとリリース。 拡大写真

動画
6尾目が居た流れは、出の沢橋の手前。 拡大写真
橋をくぐり抜け、この先もなかなかの良い流れが続きます。 拡大写真

10時50分頃の横河川の渓相。 拡大写真
11時ちょうど、7尾目はサイズダウンです。 拡大写真
サイズダウンのあまごくんはここからでした。 拡大写真
11時15分、まだまだ続く横河川の流れ。 拡大写真

横河川の流れを動画でチェック! 動画
11時45分、8尾目のあまごくん。横河川サイズに戻りました。 拡大写真

横河川サイズを見てみよう。 動画
そっとリリース!。 拡大写真
8尾目のあまごくんはこの流れからでした。 拡大写真
木陰でゆっくりランチです。 拡大写真
12時45分、9尾目は本日最初のイワナくんです。 拡大写真
イワナくんはここから。 拡大写真
1時になろうとしたころ、10尾目は元気もりもりのあまごくん。 拡大写真
10尾目のあまごくんがでた流れです。 拡大写真
1時半になろうとしたころの流れ。 拡大写真
そして2時をまわって・・・。
まだ釣り上がりたい気持ちですがキリがありません。ここらで退渓を・・・。
拡大写真
林道にあがって、ここから約40分、待っている愛車の元に歩きます。 拡大写真
林道を下りはじめて15分。
よくもまぁこんなに川の中を遡行してきたもんだ、と我ながら呆れる。
拡大写真
膝はがくがく、まだまだ愛車は先のようだ。 拡大写真

歩きはじめて25分、まだぁ? 拡大写真
林道を下って40分、愛車が見えました! 拡大写真
クルマに到着したのは2時45分、疲れた身体にムチうって着替えをします。

現地発(15:05)−岡谷IC(15:15)−甲府南IC(16:01)− 精進湖(16:25)−自宅着(17:30)

お疲れ様!
ページのトップへ
  2017年 8月 9日(水)    荻ノ入川 釣行記
   河津川水系 支流 荻ノ入川(おぎのりがわ)  静岡県河津町(かわづちょう)
早起きをして河津川水系へ。
行き先は支流の荻ノ入川です。

自宅出発(04:56)−新富士IC(05:00)−長泉沼津IC(05:14)−大場函南熱海IC(05:22)−伊豆中央道料金所(05:26)−
修善寺道路料金所(05:34)−セブンイレブン(05:53)−新天城トンネル(05:04)−ループ橋(06:13)−現地到着(06:20)

だぁ〜れも居ないようです。
準備を整え、橋の上から渓を見下ろすと水量は前回よりも若干増しているようです。
橋の下に降りて竿を振り始めると、橋の上からリュックを背負った山ガールらしき女性が小生に何かを言っているようです。 川のせせらぎが大きくてよく聞こえないので小生は耳に手を当てながら「何ですかー?」。 山ガールは両手を口に、もう一度小生に向け叫ぶように言った。ようやく聞こえました。「何が釣れるんですかー?」。 小生はすかさず「アマゴとかヤマメが釣れますよー」と。 その後も何か喋っていたようだが、聞き取れないので会釈をして釣りを再開しました。
周囲にはその山ガール独りだけだったようです。こんな朝早く、と思った。
拡大写真
釣りを開始してすぐ。 うす暗い流れから元気なあまごくんです。

時刻は6時59分、開始して5分と経っていません。
拡大写真
1尾目のあまごくんが居た流れです。 拡大写真

橋のすぐ上流にある木の枝が覆い被さった暗い流れです。
さらに数分後、2尾目。 拡大写真
2尾目はこの流れから。 拡大写真

そこらじょうで魚影、魚信が確認出来ます。
そしてその5分後、気持ちサイズアップした3尾目。 拡大写真
3尾目がでた流れ。 拡大写真
また数分後、4尾目。 拡大写真
どれもベビーサイズですが、釣れてなかなか先に進めません。 拡大写真
1尾目から4尾目までほとんど前進できていません。 拡大写真
7時28分、5尾目です。 拡大写真
5尾目が居た流れ。 拡大写真
その2分後、6尾目。 拡大写真
早く上流に行きたいなぁ。 拡大写真

釣りを開始して約30分、時刻は7時半、まだ20mほどしか釣り上がっていません。
本日の最小サイズになりそうな7尾目
拡大写真
7尾目がいた流れ。 拡大写真
幻想的な雰囲気の荻ノ入川の流れ。 拡大写真
8時15分になろうとしています。
釣れなくてもいい、先を急ぎたい気持ち。
拡大写真
8時20分をまわって8尾目、相変わらず小さい。 拡大写真
8尾目の流れ。 拡大写真
8時50分になろうとした頃、ようやく満足サイズか。
やっと感動のサイズになりつつある9尾目です。
拡大写真
9尾目のでた流れです。 拡大写真
9時33分、やっとでました10尾目は満足サイズです。 拡大写真
満足サイズの10尾目はここからでした。 拡大写真
先に一つ目の堰堤が見えてきました。 拡大写真
堰堤下は期待外れでした。 拡大写真
カンカン照りの下に立つと違和感を感じるほどの濃い影。
9時45分、堰堤を右にまいて期待の上流へ。
拡大写真
堰堤をまいて30分、時刻は10時15分です。 拡大写真
10時50分になろうとしたころ、陽にあたってキラキラ輝く11尾目です。 拡大写真
11尾目がでた流れは白泡が消えかけたところから。 拡大写真
なかなかの渓相の荻ノ入川。
上半身汗びっしょりで暑いですが涼し気。
拡大写真
見上げれば日本晴れ! 拡大写真
11時をまわって、12尾目のあまごくん。 拡大写真
12尾のあまごくんはここからでした。 拡大写真
12尾目から数分、13尾目。 拡大写真
13尾目が居た流れです。 拡大写真
そのまた数分後、14尾目のあまごくん。 拡大写真
14尾目のあまごくんが居た流れ。 拡大写真

このあと日陰を探してゆっくりランチとします。
12時をまわって15尾目。 拡大写真
15尾目のあまごくんはここから。 拡大写真
いい流れ。 拡大写真
12時12分、16尾目のあまごくん。 拡大写真

気が付けば、小さいサイズに戻ってしまっています。
16尾の住み家。 拡大写真
12時25分になろうとしたころ、サイズアップのあまごくん。 拡大写真
サイズアップした17尾目のあまごくんはここからでした。 拡大写真

それなりに元気だったあまごくんに感謝でした。
12時40分になろうとしたころ、サイズダウンしてしまったあまごくん。 拡大写真

でも綺麗だね。
18尾目はここからでした。 拡大写真
12時50分になろうとしたころ、さらにサイズダウンした19尾目。 拡大写真
19尾目はここから。 拡大写真
1時をまわって20尾目。 拡大写真
20尾達成記念のあまごくんはこの流れからでした。 拡大写真
ちょっと増水気味で遡行に苦労したが何とかこの地点に辿りつきました。 拡大写真
1時20分、21尾目です。 拡大写真
21尾目がでた流れです。 拡大写真
ちょうど2時、荻ノ入川の渓相です。 拡大写真
2時15分、22尾目となったあまごくん。 拡大写真
22尾目がでた流れ。 拡大写真
2時15分、先に二段堰堤が見えてきました。 拡大写真
2時半をまわって二段堰堤下も期待外れに終わりました。 拡大写真

この堰堤上も遡行したい気持ちですが、きょうは時間がないので諦めることにしました。
二段堰堤下から退渓し、林道を下る途中で視野に広がる伊豆の山々。 拡大写真
林道をクルマの停めてあるあるところに到着。
今朝入渓した地点をもう一度さぐってみることにしました。
30分ほど遊んでみましたが一度だけ反応があっただけで釣果はありませんでした。

現地出発(15:36)−ループ橋(15:45)−セブンイレブン通過(16:07)− 高橋橋(16:25)−修善寺駅前(16:36)−修善寺IC(16:46)−
長岡IC(17:02)−口野(17:05)-香貫(17:21)-沼津市役所(17:26)-西間門(17:31)-吉原(18:01)-自宅到着(18:27)

往路は新東名を使って1時間半、復路は下の道で3時間かかってしまいました。
お疲れさま。
ページのトップへ
  2017年 8月 18日(金)    大倉川 釣行記
   富士川水系 芝川支流 大倉川(おおくらがわ)  静岡県富士宮市(ふじのみやし)
スッキリしないお天気が続いています。

釣り日和ではありませんが大倉川に行ってまいりました。
10日振りの釣行で、大倉川は20日振りとなります。

遠くの山々は雨なのかガスに覆われています。
入渓時刻は10時、見慣れたいつものこの景観から釣り上がっていきます。
水量はご覧の通り、たっぷりで申し分ありません。
拡大写真
釣りを開始して10分、手ごわいなと思ったらニジマスくんでした。 拡大写真
ニジマスくんはネットになかでも大暴れ。
目当てはアマゴ、ヤマメですが、ニジマスくんはファイトがあって面白い。

そっとリリースしてあげます。
拡大写真
元気もりもりのニジマスくんは、右端の白泡のなかからでした。 拡大写真
そのまた10分、10時20分をまわって2尾目もニジマスくん。 拡大写真

サイズダウンのニジマスくんは、さらに元気いっぱいでした。
2尾目のニジマスくんは左端の流れからでした。 拡大写真
そのまた25分後、やっとニジマスくんから逃れられたと思ったら。。。 拡大写真
最悪のアブラハヤでした。 拡大写真
気を取り戻して先を急ぎます。 拡大写真
11時をまわって期待のポイントではライントラブル。
遠くで雷鳴が聞こえます。
この日はレインジャケットは持ってきていません。
拡大写真
11時半、ここではアワセ切れ。クヤシー! 拡大写真
12時をまわって大粒の雨・・・。 拡大写真
大した雨ではないので構わず続けます。 拡大写真
12時20分になろうとしたころ、やっとでました渓魚ヤマメくん。 拡大写真

ヤマメくんは中心にある石の左側から流したフライに「パクッ」 拡大写真

雨は勢いを増して本降り状態になってきました。
退渓場所を探し、ルートを確認しながら撤収としました。

お疲れさま。
ページのトップへ
  2017年 8月 19日(土)    大倉川 釣行記
   富士川水系 芝川支流 大倉川(おおくらがわ)  静岡県富士宮市(ふじのみやし)
昨日の大倉川釣行の続きです。
きょうも天気のことは分かりませんが、昨日と同じ行程を釣り上がってみたいと思います。
10時20分、昨日より20分ほど遅れて入渓です。
入渓地点も昨日とほぼ同じです。
拡大写真
釣りを開始して10分、10時半です。

昨日と同じく1尾目はニジマスくんです。
拡大写真
渓魚のほうがいいけど、遊びとしてはニジマスはダイナミックで面白い。
そんなニジマスくんをそっとリリースしてあげます。
拡大写真

動画で見る。 動画
ニジマスくんは右の流れから「パシャッ」 拡大写真
いくつも惜しい瞬間がありましたが、いよいよお気に入りのポイント。 拡大写真

でも、だめでした。
12時ジャスト、ヤマメくんです。 拡大写真
2尾目がでた流れ。 拡大写真

前日雨のため退渓したのはこの辺りだったか。。。
釣行時間はどちらも約2時間、そして釣果は前日3尾、本日2尾といった感じ。

本日の行程はあと2時間ほど遊べる。ウレシー!
12時40分、でちゃいました。
3尾目はニジマスくんでした。
拡大写真
写真を撮らせてもらったら、そっとリリース。 拡大写真
ニジマスくんがでた流れ。 拡大写真
12時50分、モヤが立ちこめて幻想的な雰囲気がひろがります。 拡大写真
1時をまわったころの大倉川の渓相。 拡大写真
1時20分、ここでやっちゃいました。
でかい影が「パシャッ」、しっかりフッキングしていなかったせいかネットイン出来ず。
拡大写真
1時半、4尾目だぁー。 拡大写真

4尾目のあまごくんがでた流れ。 拡大写真
岩についたコケが実に美しい。 拡大写真
2時15分、ここでも!
やっちゃいましたよ。
デカイのが「パシャッ」、合わせが速かったようです。
拡大写真
時刻は2時半、この流れを最後に退渓としました。 拡大写真

4時間ほどの釣行でニジマス2尾、ヤマメくん、あまごくん2尾と出会うことができました。

お疲れ様
ページのトップへ
本サイトへのリンクについて       ■管理人へメールを送る       ■過去のトップページデザイン
Copyright(c) 2004-2010 yone-chin.com All right reserved.