www.yone-chin.com     釣りに行こうよ メールを送る サイトマップ 
2016年フライフィッシング釣行記
最新のフライフィッシング釣行記 過去のフライフィッシング釣行記 お気に入りの川 ベストの中身 フライ・タックル ギャラリー コレクション ジョーク プライベート リンク集  
2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年  
2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年   2019年  
釣りに行こうよ。   2016年 8月 フライフィッシング釣行記  です。
 
1月      2月      3月      4月      5月      6月      7月      8月      9月      10月      11月      12月
July  7月  2016 August  8月  2016 September  9月  2016
  2016年 8月 25日(木)    大倉川 釣行記
   富士川水系 芝川支流 大倉川(おおくらがわ)  静岡県富士宮市(ふじのみやし)
遅い夏休みをとって今日、明日と休暇です。つまり4連休です。

まず初日は、芝川支流の大倉川です。
自宅をでるのが遅かったせいか、いつものところには先行者らしきクルマが停まっています。
久しぶりに下流方面にクルマをUターン。
ここから釣り上がっていきます。
時刻は9時を少しまわったころです。
拡大写真
釣り上がって約30分、綺麗なあまごくんがフライを「パクッ」。 拡大写真
大倉川の1尾目はこの流れからでした。 拡大写真
1尾目から1時間半近く経過していました。
時刻は11時になろうとしたこの流れでは痛恨のアワセ切れ。「クヤシィー」。
拡大写真
アワセ切れの悔しさから、さらに1時間。
12時になったとき、ようやく2尾目。
拡大写真

もう渓からでて、帰ろうかと思ったときでした。

2尾目のあまごくんがいた流れです。 拡大写真

そして12時半になろうとしたとき、3尾目。 拡大写真
3尾目は大倉川に流れる小さな沢からでした。 拡大写真

本日はこの沢からでたあまごくんで納竿としました。
ページのトップへ
  2016年 8月 26日(金)    持越川 釣行記
   狩野川水系 猫越川支流 持越川(もちこしがわ)  静岡県伊豆市(いずし)
休暇の2日目は狩野川に向かっていました。
今シーズン2度目となる支流の持越川です。

自宅をでたのが6時と遅かったので高速は使わず一般道で移動です。
国道から渓に向かう途中、先行者が居ないことを願いながら県道59号を現地に向け走らせます。

ラッキーなことに、どうやら先行者は居ないようです。

入渓時刻は8時をまわったころ、30分ほど釣りあがったところにある堰堤です。 拡大写真

堰堤を越えて5分。
持越川のあまごくんがご挨拶。
拡大写真
持越川の1尾目が居た流れです。 拡大写真
続いて2尾目。 拡大写真
連続してでたあまごくんの居た流れです。 拡大写真

ここは日陰、陽があたっているところはいかにも暑そうです。
9時をまわって2尾目。 拡大写真
3尾目はここからでした。 拡大写真

護岸壁には水面から1m上までが白くなっているのが確認できます。
ということは、先日の雨で水位はあそこまで・・・。
時刻は9時45分、流れは涼しいけれど頭上から猛暑が降り注いでいます。 拡大写真
変わったかたちの渓魚ではありません。

シャッターと同時に跳ねあがろうとした瞬間です。
そしてそのまま流れに逃亡です。
拡大写真
4尾目が居た流れ。 拡大写真
10時をまわって5尾目、綺麗な流れには宝石のような渓魚が似合う。 拡大写真
宝石はこの流れから採掘?されたのでした。 拡大写真
このあたりは左岸寄りに流れる持越川、行程は半分まで来たかな? 拡大写真
引き続いて6尾目です。 拡大写真

サイズこそ小さいのですが退屈しません。けれど暑い! 拡大写真
10時半をまわって、やっとそれなりサイズのあまごくん。 拡大写真
元気もりもりだった満足サイズの7尾目はここからでした。 拡大写真
11時前の持越川の流れ。時々、魚信・魚影が確認できる。 拡大写真
ずっと先に見える谷間あたりが本日の退渓場所かな。 拡大写真

あと2時間くらいの行程かな。
11時をまわって8尾目。 拡大写真
8尾目はこの流れからでした。 拡大写真
12時をまわりました。この先でちょっと遅めのランチとしよう。 拡大写真
早めのランチを食べて釣行再開。
12時半、9尾目となったあまごくん。
拡大写真
9尾目のあまごくんはあの白泡が消えかかったあたりからでした。 拡大写真
あと1尾で両手となる。なんとかあの先までに。 拡大写真
1時半になろうとしたころ退渓です。 拡大写真

あの堰堤を越えてもうしばらく先まで釣り上がって行きたいところでしたが
もう体力の限界です。クルマまで歩いて戻るのがやっとという感じ。
タクシーがいれば乗りたい気持ちです。

お疲れ様。
ページのトップへ
本サイトへのリンクについて       ■管理人へメールを送る       ■過去のトップページデザイン
Copyright(c) 2004-2010 yone-chin.com All right reserved.