www.yone-chin.com     釣りに行こうよ メールを送る サイトマップ 
2013年フライフィッシング釣行記
最新のフライフィッシング釣行記 過去のフライフィッシング釣行記 お気に入りの川 ベストの中身 フライ・タックル ギャラリー コレクション ジョーク プライベート リンク集  
2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年  
2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年   2019年  
釣りに行こうよ。   2013年 6月 フライフィッシング釣行記  です。
 
1月      2月      3月      4月      5月      6月      7月      8月      9月      10月      11月      12月
May  5月  2013 June  6月  2013 July  7月  2013
  2013年 6月 1日(土)    大倉川 釣行記
   富士川川水系 芝川支流 大倉川(おおくらがわ)  静岡県富士宮市(ふじのみやし)
ちょと遅めの出発となってしまいました。
1時になろうとしたころ自宅を出発。  近場の芝川支流に向かうことにしました。
この日は前回よりもさらに下流に行こうかと思います。

広めとなった駐車スペースに到着すると、そこには他見ナンバーが停まっています。
クルマから降りて周囲を見渡してみますが人の気配はありません。
釣り人かどうか判断がつきませんが釣行することにします。
入渓しようとしたころ、時刻は2時になろうとしています。

これより上流へ釣り上がっていく流れです。
拡大写真
入渓地点の大倉川の流れです。

さっそくフライに反応はしてくれますが、フッキングにまで至りません。
拡大写真
しばらく釣り上がってきましたが、いろんなところで反応はあるものの釣果はありません。
時計をみると3時半になろうとしています。

釣り上がって1時間半、ところどころに目新しい足跡も確認できます。
やはり他県ナンバーは釣り人だったのかも知れません。
拡大写真
3時半をまわって、ようやく1尾目です。

超極小サイズのあまごくんです。
拡大写真
この日の1尾目はこの流れから。 拡大写真
1尾目から10分、ここから2尾目。

やはり超極小の同サイズレベルでしたのでここでの掲載を控えておきましょう。
拡大写真
4時をまわったころ3尾目のあまごくんです。

これまでの2尾が超極小サイズだったので、このサイズだと大きいと錯覚してしまいそうです。
拡大写真
3尾目はこの流れからでした。
これより1時間ほど釣り上がってみましたが、反応はあるもののフッキングしないで遊ばれるだけ。

渓のなかも暗くなりまじめたので、17時をまわり退渓とします。
拡大写真
林道を下ると、これまで釣り上がってきた渓がところどころ見ることができます。

釣り上がってきたポイントを思いだしながら、停めておいたクルマまで戻っていきます。
拡大写真
ページのトップへ
  2013年 6月 9日(日)    大倉川 釣行記
   富士川川水系 芝川支流 大倉川(おおくらがわ)  静岡県富士宮市(ふじのみやし)
中途半端な時間となってしまったので、またまた近場の芝川支流へ。

まず、いつもの場所に行ってみるとすでにクルマが。。。
仕方なく、久しぶりに本流へ行ってみようかと移動してみます。
残念ながらそこにもクルマは停まっています。
川を眺めてみると、クルマの主はどうやらエサ釣り師のようです。

ふたたび大倉川の下流方面に向かってみます。
先行者はいないようです。
入渓したころはすでに10時をまわっていました。

ここは入渓地点の大倉川の様子です。
拡大写真
釣り上がって1時間が経過。

小さな反応がありますが、フッキングしません。
拡大写真
12時半、この流れで小さなあまごくん。

しかしネットに取り込む前に辛くも脱走。
拡大写真
そして1時半、釣り上がって3時間以上も経過しました。

ここでも、小サイズのあまごくんが釣れましたが、
シャッター前にまた逃亡を図られてしまいました。
拡大写真
もうじき3時になろうとした時、やっと1尾目。

5時間目の出会いとなった大倉川のあまごくんでした。
拡大写真
小サイズのあまごくんはこの流れからでした。

小でもいい。本日はこれにて退渓としました。
拡大写真
ページのトップへ
本サイトへのリンクについて       ■管理人へメールを送る       ■過去のトップページデザイン
Copyright(c) 2004-2010 yone-chin.com All right reserved.