www.yone-chin.com     釣りに行こうよ メールを送る サイトマップ 
2008年フライフィッシング釣行記
最新のフライフィッシング釣行記 過去のフライフィッシング釣行記 お気に入りの川 ベストの中身 フライ・タックル ギャラリー コレクション ジョーク プライベート リンク集  
2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年  
2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年   2019年  
釣りに行こうよ。   2008年 8月 フライフィッシング釣行記  です。
 
1月      2月      3月      4月      5月      6月      7月      8月      9月      10月      11月      12月
July  7月  2008 August  8月  2008 September  9月  2008
  2008年 8月 2日(土)    猫越川 釣行記
   狩野川水系 猫越川(ねっこがわ)  静岡県伊豆市(いずし)
3時半に自宅をでて約2時間、ここは伊豆市を流れる狩野川水系の猫越川です。

現地に到着するやいなや軽めの朝食をとって準備にとりかかります。

本日は8ft-4番のロッドで釣行を開始します。
早朝の5時半、入渓地点の猫越川の流れ。 拡大写真

まず同行のK氏がロッドを振ります。
猫越川は清んでいてとても気持ちがいい流れをみせてくれます。

いかにも渓魚がでてきそうな猫越川の流れ。
拡大写真
釣りあがって1時間が経過しました。

渓魚はあんな渕に潜んで居そうな感じがするのですが・・・。
拡大写真
キター!
やっときましたよ! 時刻はちょうど7時をまわったころ。

小ぶりではありますが猫越川のかわいいあまごくんです。
拡大写真
本流筋はこの左を流れており、ここはメインではなかったのですが。。。

あまごくんはこんな浅瀬に潜んでおり、フイを突かれた感じでした。
拡大写真
葉っぱのうえで一休みしているアマガエル。 拡大写真

こちらも眠くなり一休みしたくなりました。
時刻は9時をまわり、一つ目の堰堤をまいたところでの上流の様子。 拡大写真

釣り上がって3時間半が経過。
依然、いかにも渓魚が潜んでいそうなところなのに反応がない状況が続きます。
この日の釣果はバレと合わせ切れが各1回。
結局、ネットを濡らせてくれたのは1回だけでした。

時刻は11時半をまわり、この景色でランチタイムとする。
拡大写真

昼食をとったあと、ここで退渓することにした。
ページのトップへ
  2008年 8月 9日(土)    河内川 釣行記
   河内川水系 河内川(こうちがわ)  静岡県沼津市(ぬまづし)
K氏とともに沼津・西浦河内を流れる河内川に行ってまいりました。

河内川までは1時間とちょっと、現地について早速朝食をすませ準備にはいります。

本日は#4-7.6ftで釣行開始です。
車を停めた位置からみた河内川の流れ。 拡大写真

やはり水は少ないようですが、贅沢は言っていられません。
この日、駐車位置より100m下ったところから入渓。 釣行開始は6時半。

入渓から1時間半、時刻は8時をまわったところでした。

小生のフライにやっと反応してくれたあまごくんです。
拡大写真
サイズこそありませんが、朱点が鮮やか。

元気いっぱいの河内川のあまごくん。
拡大写真
1尾目から10分と経っていません。

今度は綺麗な魚体をした満足サイズのあまごくん。
拡大写真
パーマーク、朱点、そしてウロコ。

まぶしぃーッ。
拡大写真
2尾目のあまごくんは左上段の流れからでした。 拡大写真

右上段の釣り人の下半身は動向のK氏。
2尾目から2時間、反応はあるものの釣果はありません。

そして時刻は10時をまわり、3尾目のあまごくん。
拡大写真
11時になろうとしたとき、4尾目のあまごくん。 拡大写真

すっきりとしたスタイルのあまごくんでした。
暑さは増し、上半身は汗でびしょ濡れ状態となりました。

午前中は曇り空でしたが河内川から見上げた南の空には青空が。
拡大写真
暑さがぐんぐん増し、水分補給するも体温はあがるばかりです。

次第に頭痛がしてきた・・・、熱中症か? 近くの木陰を探します。

12時になろうとしたとき5尾目のあまごくん。
拡大写真
5尾目のあまごくんをもう一枚。 拡大写真

空腹と睡魔、そして頭痛。 本日は正午をもって退渓としました。
ページのトップへ
  2008年 8月 15日(金)    荻ノ入川 釣行記
   河津川水系 荻ノ入川(おぎのり)  静岡県河津町(かわづちょう)
7時を少しまわった頃、現地に到着。

メディアによると今日からUターンラッシュがはじまるとのこと。
自宅を早めにでたため、途中の混雑もなくスムーズに来ることができました。

お盆休み中ということもあり、すでに先行者が居る可能性は大です。
しかし、ラッキー!
見渡すところ先行者は居ないようです。
今日も暑い一日になりそうです。

入渓地点から空を仰いでみる。
拡大写真

まさに釣り日和といった感じのお天気です。
釣行を開始してから約30分。 時刻は8時になろうとしていました。

サイズこそ小さいが、燦々と照りつける太陽に輝くあまごくん。
拡大写真
1尾目のあまごくんはこの流れの中央からでした。 拡大写真

水量は少なめですが、この程度なら問題はありません。
1尾目から20分、まあまあサイズのあまごくん。 拡大写真

元気が良過ぎてレンズに飛沫がついてしまいました。
2尾目のあまごくんは中央にある岩の向こう側より。 拡大写真
またまた小さいのがかかりました。 拡大写真

2尾目から約30分、時刻はまだ9時前です。
3尾目は、この先の白泡が切れたあたりから。 拡大写真
時刻は9時半、4尾目のチビあまごくん。 拡大写真

サイズダウンしてしまいました。
2008年8月15日の荻ノ入川の渓相。 拡大写真

4尾目はこの流れの右端からでした。ちょうどこのとき川に沿った林道を上流方向に走っていく車の音。
「先まわりされたか?」
同じ流れにフライを流すと、もう1尾のあまごくん。 拡大写真

サイズもアップもして「もうけッ!!」
あまりにも美形だったのでアップでもう一枚。 拡大写真

どぉ? いい顔してるでしょ。
美形のあまごくんは左寄りの流れからでした。 拡大写真

つまり、4尾目と5尾目は同じ流れに居たということになります。
5尾目からまだ数メートルも進んでいないのに6尾目。 拡大写真

しかし見事なチビサイズでした。
ここの流れは、おチビさんの泳いでいたエリアのようです。 拡大写真
続いて手にしているのは清流の宝石「あまご」。 拡大写真

まだ10時前だというのにまぶしいくらいに輝く7尾目のあまごくん。
7尾目は中央の小さな貯まり場からでした。 拡大写真
10時をまわり、今度はそれらしいサイズになりました。

木陰の中なので輝いていないようですが、8尾目のあまごくんです。
拡大写真
8尾目のあまごくんの居住地。 拡大写真

この先に堰堤が見えてきました。
無事堰堤に到着。 拡大写真

時刻はまだ11時、もう少し上流を目指そう。
堰堤をまいて上流に向けて釣りあがります。 しかし、ピタリと釣果がなくなる状況。

確かに渓魚は居る。 フライには反応するがどれも咥えてもらえずUターン。
「そうか、今日はUターン・・・」
そうこうしているとき、上流方向で人の声が聞こえてきた。

気に入った渓相を見つけて用意したランチをとる。 午後1時、退渓することにした。
ページのトップへ
本サイトへのリンクについて       ■管理人へメールを送る       ■過去のトップページデザイン
Copyright(c) 2004-2010 yone-chin.com All right reserved.